スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011よく聴きましたor衝撃を受けましたボカロ、同人曲10選

Category : ボカロ
はい、年も開けて3月になってから2011年の10選をやるという愚行を犯しました。どうもサムキャプテンです。
まあその方が見てもらえるよね!埋もれないよね!という事でどうかご容赦を・・・。
しかしレビューというかコメントは難しいですね。断っておきますが以下書いているのは全て最大限の褒め言葉なのです。もしも気分を害してしまったらすみません。

という訳で10選↓
さう-ふつうのはつねみくのふつうのきょく ふつう 32

さうさんは去年知った方の中でも最も印象に残った方でした。
曲としては「にげまわる」や「きかんしたい」の方が好きで良く聴くのですが、最も衝撃的だった曲がこれ。
なんと言っても後半のリンちゃんが消えてしまってからの展開が素晴らしい。
作り手としてはここからガーッと崩してしまえば気持ちがいい(そして聴いてる方もそれを望んでいる)のにそれをあえて崩さず、ギリギリのラインで最後まで行き「ふつう」に終わる。徹底的な崩壊へのカタルシスの拒否。
まるで「僕はふつうなんだ、ふつうなんだ」と自分に言い聞かせてギリギリ自我を保っている人を見ているようで、心底ハラハラします。いつ壊れてしまってもおかしくはない。
そして段々思考がグチャグチャになって最後にはフッと切れてしまう。とてつもなくおっかない。
音だけではなく、メロディー、展開、映像、歌詞の全てで緻密に「狂気」を表現した大傑作。
2011年のNo.1。


Dong-鏡音リンオリジナル曲】おさとうのうた【バリバリ】

これは2010年の年末に上げられた曲なんですが、今年知ったので。
タイトルから「きっと甘々のテクノポップだろうなー」なんて思っていたので頭の音でぶっ飛ばされました。
えっぐく鳴り響くシンセ音にのるリンちゃんの声のイカすこと。
エレクトロとしての強度は勿論のこと、なにより歌物として最高なのがいいですね!
ここできて欲しい!というところでバシッと来る音にもニヤリとしてしまいます。おさととととと!
正直この頃エレクトロは食傷気味だったのですが、久々にクリティカルヒット。MP3が欲しいです。


じーざすP-【鏡音リンレン】リモコン【オリジナルPV】

どんなに色んな音楽を聴いても、新しい物を知ったとしても、どうしても弱いものというのは誰しもあると思いますが、僕にとってこの曲がまさにそうでした。完全にツボに入りました。もうそうとしか言えない・・・と言うとレビューとしては0点なわけですが。
わっかりやすいノリ、キャッチーなメロディーライン、そしてキメ。いやー、好きだなぁ。
こういう強引にアッパーに持ってっちゃうようなノリの曲大好きです。


なべやまひでき-【GUMI】世界の終わりとWORLD'S END【オリジナル曲】

つい最近知った方なのですが、本当に繰り返し繰り返し聴いています。
この方の魅力はなんと言ってもセンチメンタルなメロディーと歌詞。正直僕は歌詞なんて何でもいいと思っているタイプの人間なのですが、この方の言葉の選び方は本当に大好きです。
こういう、「踊れるのに泣ける」という曲が聴きたくて色々と探していたんですけどボカロで聴けるとは思っていなかったので正直ビックリしました。
これからも追いかけて行きたい、とても素敵なセンスをもった方です。絵も好き!


816-【初音ミク】 ロックンロールゴースト 【オリジナル曲】

人と違うこと、変わったことをやるというのはある意味楽なものだったりします。競争相手がいないわけですから。
真っ向勝負できないから違うフィールドに行ってそこでニッチな層の支持を受ければ承認欲求も満たされます。
それで「自分は人とは違うことやってるから」と伸びない理由を勝手に作っておけば安心できるわけです。(ココまで自戒)
が、このかたは違います。正々堂々直球ど真ん中のギターポップ。実に真摯です。
正直ここまで直球の曲を作っててこの再生数だったら心が折れてしまいそうなもの。僕なら折れてる。
でもこの方は本当にクオリティの高い曲をかなりの頻度で上げてらっしゃいます。きっと本当に曲作りが好きなんだろうな。
そして何より全ての曲が本当にポップで、聴いてて幸せな気持ちになれるのです。
この方が評価されないならボカロなんて無くなってもいいよ、それぐらいに思ってます。割と、本気で。


々-0から12
今回ボカロ10選ではなく同人曲も入れてるのは偏にこの曲を入れたかったからです。
とにかく々さんとこんぺいとうPの組み合わせを考えた病院アンソロ主催の方には惜しみない拍手を与えたいです。
病院アンソロジーという同人CDに収録されている曲で、絵を先に描いてもらって曲を作るという順序で作られています。なのでこの曲はこんぺいとうPの絵を見て々さんが曲を作ったということになるのですが、イヤ、本当に凄い。
こんぺいとうPの独特の世界観をきっちり曲に落としこんでいて、曲を聴きながら絵を見ていると抽象的だったストーリーが頭の中でグワーッと形になっていくのを感じられます。
特に「ここか」からの流れは本当に鳥肌モノでした。
繰り返しになりますが、この二人を組ませた主催さんに改めて感謝。


kamome-【初音ミク】コーヒーがおいしいよ

ミクの声かわいい!かわいいは正義!な曲です。
生活音のサンプリングとベースとミク。それだけ。歌の内容もコーヒーが美味しいということ。それだけ。
それだけなんですが、もう本当に癒されます。ミクのハミング超可愛い。
それにシンプルとはいえ(というかだからこそ)細かいところまで丁寧に作ってあります。
動画の見せ方も上手いし音の処理も完璧。さらっとやってるように見せて実はかなりこだわった作りになってます。
休日の朝にコーヒー飲みながらこの曲リピートすると、いい休日になる予感がしますよ。


Md-【UTAU】きゅうりのうだつが上がらない【オリジナル】

まあなんといってもこのタイトルですよ。この言葉のグルーヴ感たるや。
このタイトルだけでも100点上げたいくらいなんですが、肝心の中身も非常にいい。
とにかくネネがエロい。テトが可愛い。きゅうりのスピード感凄い。
曲も非常に素朴ながら中毒性があって、思わず口ずさみたくなります。
そしてなんといっても何が言いたいのかさっぱりわからないところが最高ですね(褒め言葉)
「うだつがあがらないー」のテトとネネの掛け合いとかホントしょうもなくて最高です(褒め言葉)
実に平和で幸せなカオス。見終わったあと「なんだってんだよ」って笑いながら言ってしまうことうけあい。


きくお-【初音ミク】物をぱらぱら壊す【オリジナル曲PV】

そりゃ当然入りますよね、のきくおさんです。
きくおさんの曲は色んな方の10選に必ずと言っていいほど入っていて、今更コメントすることもないよねって感じですけど。
まず入りの「物を壊すのは何でこんなに楽しいんだ オーレ!」が最高ですよね。そこからのドンちゃんドンちゃんでテンションがガツーンと上がります。
そして音使いはキラキラしているのに歌詞が鬱屈としていて、その間を補完するような少し不思議な、だけど最高にキャッチーな歌メロ。まさにきくおさんワールド全開といった感じです。
あとは作り手はみんな思うと思うのですが、こんなんよくミックスできんなと。プロの仕事は凄い・・・。
一度でいいから作業中の様子を見てみたいです。オーディオファイルの多さだけで卒倒しそう。


Dot君-【初音ミク】 NAINAIづくしナインティナイン【オリジナル曲っす】

バカになるってのは意外と難しいものです。何しろバカにはできないですから。
バカになりつつ他の人を楽しませるってのは頭が良くなけりゃできないんです。
そしてDot君の曲は最高にクールで頭のいい、イカしたバカポップなのです。
「ウ!ハ!」の掛け声や時折入る遠吠えのような声も全てがしょうもな素晴らしい。
なのにリフはカッコイイしメロディーのグルーヴ感とか最高だし、トランクスはくっだらねえし。
コレをクールと言わないで何をクールって言うのさ!コレを「下らない」といういい子ちゃんは「笑ってろ見下げてろ」です。
とまあカッコ付けて色々書いたけど、結局の所「オモシロイと思ったことをやってるんだぜ!」という話だろうし、僕らも頭空っぽにしてビートに合わせて踊りゃあいいって事ですよね。トランクスで。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

サムキャプテン

Author:サムキャプテン
邦洋ロック、ボカロ、テクノなど音楽全般の話題からサッカーや野球などスポーツのことまで節操なくつらつらとつづります。

CARENDER
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。