スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボーマスレポート後編

Category : ボカロ
少し間があきましたが、後編です。前編はこちら
PM3:30
即売会終了。お疲れ様でした。ビールのことしか頭になくなる。

とっとと片付けて飲みに行こうとしていたところ、ニコフから雑音部の飲み会に混ぜてもらおうという提案を受ける。
僕全然雑音部の方々と面識ないんですけども・・・。チキンキャプテンと化しビビリ始める。どうしよう・・・。

取り敢えず雑音部のブースへ。そこで色んな人達と楽しく談笑をするニコフ。改めてこの人凄い。その中に入れず輪の外で縮こまる僕と飛白さん。取り敢えずgeppei-taroさんにご挨拶し、お願いしていたEPをいただく。さらさんのジャケットが素敵だ。

その後あいも変わらず輪の中に入れないままヘラヘラしていたところ、飛白さんが外の公園でポッジーニさんがミルクちゃんのペーパークラフトを配っているので行きたいというので一緒に外へ出ることに。ニコフに店決まったら連絡くれと言って会場脱出。飛白さん、シーソーさんとともにポッジーニさん探しの旅へ出る。


PM4:00くらい
会場近くの公園に到着。フジロックのTシャツを着ているというポッジーニさんを探すこと1分、すぐ見つける。おおーこの人があの訳分かんない(褒め言葉)動画作ってるポッジーニさんか!興奮。
自分のことはまず知らないだろうと思っていたがツイッターでフォローしたばっかりということもあって知ってて下さった。やってて良かったツイッター。先にポッジーニさんと話していたキノ爺さん(初対面)とともにペーパークラフトの完成品を見せてもらう。可愛いなチキショウ!地面に置いて写真撮影など。


その後シーソーさんと公園内の喫煙所でタバコを吸いながら談笑していたところ若者に声をかける謎のおばちゃん集団を見かける。なにやら若者と手をかざし合い怪しい儀式を行っていたがおそらく若いオーラを吸収していたのであろう。池袋とはげに恐ろしき所なり。


一向にニコフからの連絡がないのでもう先にどっかショットバーかなんかで一杯引っ掛けますか、と提案。ポッジーニさん、キノ爺さんも含め、5人でハンズ前あたりまで移動する。が、適当な店をさがしている間にニコフから連絡が。ハンズの前のビルの居酒屋に決まったとのこと。あらまあ丁度良い。ここで、キノ爺さんはバンドの練習があるということでお別れ。さて、どうしよう・・・。


よし、こうなったらアウェイ仲間を増やそう、という事でポッジーニさんも無理矢理雑音部の飲み会に参加させることに。「自分のこと絶対知らないですよ」と言っていたが俺よりははるかに知られてるんで大丈夫ですよとなだめすかせる。
すると別件で離れていたきのこさんが合流。ミルクちゃんを見せると「わーミルクちゃんだー!」と興奮。少し間を置いて「で、こちらポッジーニさん」というと「えっ!!!」と驚愕。鳩が豆鉄砲食らったような顔ってのはこのことを言うんだろう。この紹介の仕方はオモロイですね、とか何とか言っていたら雑音部の面々がハンズ前へ。
本当に俺達が行っていいのだろうか・・・?


ハンズ前のビルの一階に集合。ニコルさんにミルクちゃんを見せると「おおー!ミルクちゃんだ!」と興奮。少し間を置いて「で、こちらポッジーニさん。」と言うと「えっ!!!」と驚愕。オモロイ。


予約した時間まで待ち。ここで、「待ちきれずビールを飲んでいたら面白いかも知れない」と思いつきコンビニでジーマを買って道すがら開けて飲み始めてから「ほぼ初対面の人がそんな分かりにくいボケに突っ込んでくれるだろうか」と致命的なミスをしたことに気付く。しかしまあ引込みもつかないのでジーマを持ちながら戻ってみるが、反応は特に無し。当然である。飛白さんやシーソーさんも半ば呆れ顔。普通に「飲み会までお酒を我慢出来ないどうしようもない人」になってしまう。いやまぁ我慢できなかったのもあるんだけど。幸先は最悪。


待っている間シーソーさんが誰も見ていないところでボケ続ける。ひたすらそれを見つけてツッコむ。うーん、ツッコミがいのある人だ・・・。


「飲み会にでっかいシェリルのフィギュアを持っていったら面白いかも知れない」と思い、シーソーさんとともにUFOキャッチャーに熱中。ほんのあと数センチというところまで行くも全く取れず。二人で1000円近く投入したところで断念。相当熱くなっていたのでギャラリーが出来ていた。取れたらおいしかったのに・・・。悔しさが残る。


事前に一緒に飲みましょうと約束していたそのさんが病院アンソロのあれこれを済ませて合流。病院アンソロ主催の田平孝太郎さんも一緒に来ていたのでご挨拶。孝太郎さんと別れ、飛白さんたちとエレベーターに乗り込む。何故かシーソーさんが途中の階で乗ってきた。なんで降りちゃったの?


PM5:00
飲み屋内に移動。合席には飛白さん、ポッジーニさん、猫アレせんせー、とボッチにならずにすむメンツが。良かった。というか飛白さんとポッジーニさんは同じ境遇なのでこうなるのは当然だけども。
ちなみにこの時僕は既にジーマパワーによって少し酔っ払っていた。どうしようもない。



長くなったので今回はここまで。また気が向いたら後編の後編書きます。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

サムキャプテン

Author:サムキャプテン
邦洋ロック、ボカロ、テクノなど音楽全般の話題からサッカーや野球などスポーツのことまで節操なくつらつらとつづります。

CARENDER
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。